ホーム > 暮らしの省エネ > サニタリー > エコキュート プラスワンポイント

エコキュート プラスワンポイント

さまざまな沸き上げモードから最も効率的なモードを選んで。

エコキュートにはいくつかの運転モードが用意されています。通常はリモコンの運転モードを各メーカーのおすすめする省エネモードに設定するのが一番効果的。過去のお湯の使用量に基づいた最適な温度・最適な湯量で沸き上げます。メーカーや機種により運転モードの呼び方は異なりますので、ご確認を。

※お湯が頻繁に足らなくなる(昼間に沸き増しがかかる)場合は、より多くのお湯を沸かすモードに設定してください。

不要な昼間の沸き増しを抑えましょう。

自動沸き増し機能が付いているエコキュートの場合、タンクの残量が少なくなると自動的に昼間でもお湯を沸き増します。多くのお湯を沸かすモードに設定している場合は、お湯を少し使っただけで昼間に沸き増しすることがあり、光熱費の増加にもつながります。お湯の使用量が少ない夏季などは昼間の沸き増しをなるべく行わず、深夜に沸かしたお湯のみ利用すると省エネにつながります。一度、沸き上げモードの設定を確認しましょう。

「高温足し湯」の機能を使うと経済的にお風呂が温め直せます。

家族の入浴時間があく場合、お湯を温め直す時に利用したいのが「高温足し湯」機能。「自動保温」や「追いだき」機能を使うよりも省エネです。「高温足し湯」機能を使う場合は、「自動保温」をリモコンで0時間に設定(または自動保温OFF)してから、ちょうどいい温度まで熱いお湯を足すことで湯温を調整しましょう。

残り湯を沸かし直すよりお湯張りのほうが経済的!

前日の残り湯をそのまま沸かし直すと、水道代は節約できますが、電気代がかかりますのでトータルでは新たにお湯張りをした方がおトク。残り湯は洗濯や水やり等に利用すればムダがありません。残り湯の温度があまり下がっていない場合には「高温足し湯」でお湯を足し、冷たくなっている場合は夜間電力で沸かしたお湯を使って新たにお湯張りをするほうが経済的です。

数日、家を空けるときはリモコンの「休止設定」を。

旅行などで家を留守にするときは「休止設定」を。設定した期間は運転が止まりますのでムダな沸き上げがありません。お帰りになる日の前夜から運転するように設定してください。

リモコン表示を消灯に。

リモコン表示は、常時は消灯するように設定すれば待機電力を減らすことができます。

※上記の機能がついていない機種もあります。詳しくは取扱説明書でご確認ください。

動画で見る、電気給湯器のかしこい使い方

割安な夜間の電気を使ってお湯を沸かす電気給湯器。かしこい使い方や、困ったときの対処方法をご紹介します。

ページの先頭へ戻る