ホーム > 電気給湯器をお使いのみなさまへ(冬季ご使用時のお願い)

電気給湯器をお使いのみなさまへ(冬季ご使用時のお願い)

寒い時期の凍結を防止するには?
○各配管に保温材や布・毛布などを巻く。
○お湯側の蛇口を、水滴が落ちる程度開けておく。
  ※開きすぎますと、翌日の湯切れの原因になりますのでご注意下さい。
○風が強く吹き付ける場所なら、囲いや風よけをつけておく。
凍結した場合はどうすればいいですか?
基本的には、気温の上昇による自然解凍をお待ちいただくようになりますが、すぐにお湯が必要な場合は、以下の方法をお試しください。
  • 凍結したと思われる箇所に、ぬるま湯をゆっくりとかける。
    • ※お湯や熱湯をかけると、急激な温度変化によって配管が破損する恐れがありますので、必ず、ぬるま湯をご使用ください。なお、ぬるま湯をかける際は、配管保温材や布等がぬれないようにビニール等で覆ってください。
    • ※電気給湯器本体や、電源コード、リモコン線には水をかけないでください。
    • ※お湯が出始めたら、配管まわりについたぬるま湯を乾いた布でふき取ってください。
    • ※お湯が出るようになっても、配管から水漏れがないかご確認のうえ、ご使用ください。
    • ※タオル等を配管に巻いてぬるま湯をかけると、より効果的で水分が垂れません。
  • カイロをタオルで巻いて温める。
  • ドライヤーなどで温める。

上記の方法を試されてもお湯が出てこない場合は、埋設部分や屋内配管が凍結していることが考えられますので、自然解凍をお待ちください。

寒くなると、お湯が足りなくなる場合があるのですが。
冬場などお湯をたくさん使う時期やお湯が足りなくなる恐れのあるときにはリモコンの沸上げ温度設定を『高め・多め・たっぷり』などに切り替えて、リモコン表示を確認し、お湯の使い方に注意して下さい。

また、昼間沸き増しができるタイプをご使用の方は早めにリモコン表示を確認、沸き増しボタンを押し、沸き増しを行ってください。(昼間の電気を使って沸かしますので、電気料金は夜間に比べ高くなります)

ページの先頭へ戻る